コドミンの怖い副作用2つ!気を付けるべきこととは?

コドミンは副作用が起こる可能性はあるのか?

コドミンにはお子様の落ち着きや集中をサポートする「ホスファチジルセリン(PS)」が配合されています。

ホスファチジルセリンは普通の食材にも含まれている成分なので、安全性は高いです。

しかし、コドミンでこの成分を摂取するときは飲み方に注意しないと危険な副作用を起こしてしまう可能性があります。

欧米で行われた臨床試験では、ホスファチジルセリンの1日の摂取量は100~300mgが目安量であるというデータが出ています。

1日100~300mgくらいの摂取量なら副作用が起こることはほとんどないのですが、1日300mg以上を大きく超える量を継続して摂取した場合は危険です。

「睡眠障害」や「胃腸障害」といった副作用が起こってしまう可能性がありますよ。

コドミンは1粒にホスファチジルセリンが100mg配合されています。

なので、コドミンを1日1~3粒まで飲むのなら問題ありません。

もし、副作用が起こったときは摂取を中止するか摂取量を減らすようにしましょう!

また、コドミンは大豆を原料にして作られているので、大豆アレルギーがあるお子様に飲ませてはいけませんよ。

大豆アレルギーのお子様がコドミンを飲んだ場合じんましんや嘔吐、下痢、呼吸困難、アナフィラシキーショックといった症状が出て死に至ることもあり大変危険です。

コドミンは他のサプリメントや薬と飲まないようにしよう

コドミンに配合されているホスファチジルセリンは、神経伝達物質の分泌を高めるのでこれに影響を与えるサプリメントや薬を一緒に飲んでしまうと副作用が起こることがあります。

例えば「コリン」がその一例になります。

コリンというのはビタミン様作用物質というビタミンの仲間です。

コリンはアセチルコリンという神経伝達物質の材料となります。

アセチルコリンは血管を拡張して血圧を下げてくれるのです。

なので、抗コリン剤や抗コリンエステラーゼ剤などとコドミンを一緒に摂取してしまうとコドミンの効果に影響を与えたり、胃腸障害や睡眠障害といった副作用が起こる場合があります。

また、同じように神経伝達物質の分泌に関わるサプリをコドミンと一緒に摂取した場合も副作用が起こる可能性があるので危険ですよ。

複数のサプリや薬を一緒に飲む場合は、事前に医師に相談することをおすすめします。

コドミンの効果的な飲み方とは?

コドミンの効果的な飲み方は、しっかりと毎日継続して飲むことです。

お子様の体調を見ながら飲む量を調節するようにしてくださいね。

一度にたくさん摂取したからといって効果が高まるわけではないですし、過剰摂取してしまうと副作用が出てしまいます。

また、コドミンを飲んでいるから大丈夫だと頼るのではなく毎日の生活習慣を見直すことも大切ですよ。

お子様にバランスのよい食事や運動をさせてあげて、規則正しい生活をさせましょう!

お子様が楽しく充実した毎日を過ごせるように健康的な生活習慣を心掛けることは大切です。

コドミンの怖い副作用2つ!気を付けるべきこととは?:まとめ

コドミンの1日の摂取量は1~3粒です。

これ以上飲んでしまうと「睡眠障害」や「胃腸障害」といった副作用が起きてしまう可能性があります。

コドミンの1日の摂取量をしっかりと守りましょう。

大豆アレルギーのお子様がコドミンを飲んでしまうと大変危険なので、絶対に飲ませないようにしてくださいね。

また、コドミンと他のサプリメントや薬を同時に併用するときは医師に相談してからにしましょう。

今なら公式サイトでコドミンを89%OFFの980円で購入できるのでとてもお得です♪

興味のある方は、公式サイトをご覧くださいね。

コメントは受け付けていません。