ADHDに薬は必要なのか?処方される代表的な薬2つ!

ADHDに薬は必要なのか?

ADHDは多動や衝動で知られていますね。

なので、脳内でやりとりされている情報が多すぎるため多動になったり衝動的になったりすると思われがちですが、実はその逆なのです。

脳内のドーパミンという神経伝達物質が不足しているせいで、うまく状況判断できず特有の行動につながってしまうのです。

薬でドーパミンの量を適量に調節してあげることで生活が楽になる可能性は高くなります。

なので、ADHDに薬は必要だといえます。

「体に異物を入れないほうがいいのではないか」

「覚せい剤と似ている成分を飲ませるなんて怖い」

といった声を聞くことがありますが、神経伝達物質そのものを体に直接入れるわけではないので心配ありません。

神経伝達物質をちょうどいい量にして、ADHDの人が社会で生活しやすくするお手伝いをしてくれるのが薬なのです。

しかし、薬には副作用や依存性といったデメリットもあります。

主治医の先生とよく相談して、本人および家族が納得の上で薬を飲むようにするといいでしょう。

ADHDに処方される代表的な薬

ADHDの代表的な薬は「メチルフェニデート塩酸塩(コンサータ)」と「アトモキセチン塩酸塩(ストラテラ)」です。

どちらの薬もADHDの主な症状である「多動性」「衝動性」「不注意」の改善が期待できます。

基本的に、この2つの薬の併用はしません。

それぞれの薬の効果と副作用を確認するのでどちらかを単体で使っていきます。

ADHDの治療方法は薬による治療がすべてではありません。

けれど、脳の機能障害により自身をコントロールするのが難しいADHDの人にとって、薬を使うのがもっとも効果的です。

薬を使わずに訓練や教育だけで抑制力をつけるということは無理難題です。

まずは薬を服用して、それから行動認知療法や環境調整法などを活用していくことが効果的な対応法だといえます。

薬物依存になってしまう心配はないのか

「薬を飲んで薬物依存になってしまわないか?」と、心配になる人は多いですね。

正直言ってADHDに処方される薬は依存性がまったくないというとウソになります。

人の体というのはそれまでと同じ量では同じ効果が得られなくなる耐性が存在し、より多くの量を欲するようにできています。

ただし、ADHDの薬の場合は依存しづらくするように配合して十分に安全性を確かめた上で処方が認められた薬です。

慎重に服薬量も調整されているはずですし、1日に飲んでいい量も決められています。

また、薬によっては休薬日を設けるといった工夫もされます。

例えばコンサータの場合、1週間のうち1日だけは薬を一切飲まず平静に過ごす日を設けるケースが多くあります。

現在、薬を飲んでいる人も主治医から「一度飲み始めたら一生薬を服用する覚悟で」などと、言われて飲んでいる人はいないでしょう。

一般的にコンサータは依存性が強いといわれています。

薬を止めたあとイライラする、震えるといった身体依存はないですが、精神依存が出てしまう場合があります。

「まだ薬を手放したくない」

「薬がないと不安で生活していくのが怖い」

といった気持ちが強く出てしまうことがあるようですね。

けれど、コンサータを止めたあとの精神依存は少しずつ消失していくので心配ありませんよ。

ADHDに薬は必要なのか?処方される代表的な薬2つ!:まとめ

ADHDの人が社会でうまく生きていくために、薬は必要です。

まずは、薬を服用してそれから行動認知療法や環境調整法などを活用していくのが効果的な対応法ですよ。

処方される代表的な薬はコンサータとストラテラですが、コンサータのほうが依存性は高いです。

しかし、服薬量を調整して休薬日を設けるといった工夫をすることで依存する可能性も低くなりますよ。

コメントは受け付けていません。