ADHDは遺伝するって本当!?遺伝する確率はどのくらいなのか?

ADHDは遺伝するのか?

ADHDは人と違った行動や言動をしてしまうことで場を白けさせてしまい、避けられてしまうことが多いです。

とくに幼少期のADHDは性格の問題や環境の問題であり「親の育て方が悪い」「親の責任」であると思われてしまいがちです。

しかし、ADHDは性格の問題や環境の問題ではありません!

脳の発達障害が原因なので、病院で正しい治療をする必要があるのです。

自分がADHDだから子供も自分と同じようになるのではないか?

遺伝してしまうのではないか?

と、不安に感じてしまいますよね。

人によって症状の程度も種類も違いますが、家族間で現れやすいと言われています。

親から子へと遺伝するという考え方をされやすいのですが、ADHDは遺伝性ではなく家族性です。

遺伝性であるならそっくりそのままの症状が現れるものなのですが、その症状がすべて受け継がれているというわけではなく、ごく一部が受け継がれているのです。

なので、ADHDは遺伝性ではなく家族性であるといえます。

ADHDの発症は環境要因も関係している

ADHDになりやすい要素を先天的に受け継いでいるとしても、それだけで発症するわけではありません。

さまざまな環境要因が重なることで発症したりしなかったりすると考えられています。

環境要因としては出産する前の母体のアルコール・たばこ・鉛の摂取が考えられます。

また、低出生体重児では発症率が高いともいわれています。

さらに、子供の食品添加物の摂取や栄養不良、工業用化学物質に低濃度でさらされてしまうことも発症や悪化に関係しているのではないかといわれているのです。

ADHDが遺伝する確率はどのくらいか

ADHDは遺伝的な要素がある、ということが優位に分かるデータが存在しています。

親や兄弟がADHDの場合は明らかに発生率が上がりますよ。

~両親がどちらもADHDである場合~
子供に遺伝する確率は20~54%です。

~父親がADHDの場合~
子供に遺伝する確率は15%です。

~母親がADHDの場合~
子供に遺伝する確率は7~8%です。

~兄弟がADHDの場合~
兄弟間で遺伝する確率は25~35%です。

~一卵性双生児がADHDの場合~
一卵性双生児の場合はもっとも高くなり、55~92%です。

このように、遺伝する確率のデータがしっかりと存在しています。

とはいえ、ADHDはまだまだ研究途中で分かっていないことがたくさんあります。

遺伝する確率が出ているからといって必ず子供に遺伝するわけではありません。

家族に糖尿病の人がいる場合、自分も糖尿病になりやすい傾向があるというような考え方が正解です。

「ADHDかも?」と思ったときすること

【子供の場合】
小児科で発達障害に詳しい医師がいるクリニックや児童精神科のクリニックを探してみてください。

また、大学病院や総合病院の小児科や精神科には発達障害相談外来・児童精神外来が設置されている施設もありますよ。

以上のようなところを受診して、医師の診断を受けましょう。

【成人の場合】
精神科や精神神経科を受診してください。

数は多くないですが、成人を対象としたADHD外来や発達障害外来などの専門外来を設けている医療機関もあるので、近くにある場合はそこを受診しましょう。

ADHDは遺伝するって本当!?遺伝する確率はどのくらいなのか?:まとめ

ADHDは遺伝性ではなく家族性です。

そっくりそのままの症状が子供に受け継がれるわけではなく、ごく一部が受け継がれます。

家族に糖尿病がいる場合は子供も糖尿病になる可能性があるといった曖昧なものです。

また、発症するのには環境要因も関係しているといわれています。

さまざまな環境要因が重なることで発症したりしなかったりするのです。

ADHDが遺伝する確率はデータとしてはっきりと出ていますが、必ず親から子供に遺伝するわけではありませんよ。

コメントは受け付けていません。